中小企業経営のホームドクター

経営者の3つの「欲しい!」に答えます。「金・人・客」の経営相談有限会社

次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業・新需要獲得に向けたイノベーション創出支援事業

大型の技術開発を行う都内中小企業向けの助成金2種(併願可能!)

2020年度は募集が終了しております。2021年度にご検討されている方のために、ページを残しております。
 

概要

東京から世界を変える革新的な技術・製品開発を応援する、(公財)東京都中小企業振興公社からの助成金です。
大型の技術開発を支援する助成事業として、次の2事業が申請受付されました。

・次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業
・新需要獲得に向けたイノベーション創出支援事業
※申請書類を提出するには事前に申請エントリーが必要となります。2020年度の申請エントリーの締切りは9/4でした。



<次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業>

次世代の産業を牽引するような技術開発要素のある大型開発プロジェクトを支援する事業です。東京都が定める成長産業分野における「開発支援テーマ」に対して、都内中小企業を核とした連携体(他企業・大学・研究機関など)が行う技術・製品開発に要する経費の一部を助成します。
【助成事業概要】
・対象となる方:都内の中小企業者、東京都で創業を予定している者 等
助成率:2/3
助成限度額:8,000万円
・助成対象期間:最大3年
・助成対象経費:原材料、機械装置(レンタルサーバ等を含む)、委託・外注費、人件費 等
【開発支援テーマ】
1.防災・減災・災害予防
2.インフラメンテナンス
3.安全・安心の確保
4.スポーツ振興・障害者スポーツ
5.子育て・高齢者・障害者等の支援
6.医療・健康
7.環境・エネルギー
8.国際的な観光・金融都市の実現
9.交通・物流・サプライチェーン
※上記テーマに当てはまれば、ハード・ソフトどちらの開発でも対象です。

詳細は以下のサイトでご確認ください。
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/innovation.html



<新需要獲得に向けたイノベーション創出支援事業>

「開発支援テーマ」に該当し、かつ、新型コロナウイルス感染症対策に関連する技術・製品開発については、新需要獲得に向けたイノベーション創出支援事業として、こちらも技術・製品開発に要する経費の一部を助成します。
※対象・助成率・助成金額等は次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業と同様です。