経営者の3つの「欲しい!」に答えます。
「金・人・客」の相談相手
  経営者の3つの「欲しい!」に答えます。「金・人・客」の相談相手

 ホームページから集客できていない方へ

ホームページの目的
 制作するからには、最終目的は売上の向上でしょう。ほかにも、人的営業よりもコストを下げたいという目的などがあるかもしれません。
 
現在ホームページをお持ちの方、その目的は果たせていますか?
これからホームページを作る方、どのようにして目的が果たせるページにするか、第三者に説明できますか?
 
「そうなんだよねえ」と共感される方も「痛いところをつくねえ」と嫌な気持ちになる方もいるでしょう。そのように想像できるのは、せっかく作ったホームページがお客を呼ばないことに失望している経営者を、たくさん見てきたからです。
 
ホームページを作る前に、ウェブマーケティングの計画書は作成されましたか?
 
どのターゲットに絞り込むかという戦略的判断があり、お客様をよく知るための情報収集があり、想定したお客様がどのような心理変化をしていくかを考え、その変化をもたらすアプローチを設計して、お客様が来るべくしてくる道筋を作る。
これが、ホームページ制作の前にやるべき、マーケティング計画です。
ロジックと数値を明確にした計画は、第三者が共有できる指針となります。どのように依頼をしたら良いかも明確になるので、制作会社も、こちらの意図に沿ったアウトプットを出しやすくなります。
 
制作会社の広告も上手ですから、頼んだらきっとお客の来るページを作ってくれるだろう、と期待してしまいがちですが、実際はそんなわけにはいきません。
制作会社は制作のプロであって、マーケティングコンサルタントではありません。ましてや御社の事業内容や、御社が欲しいお客様のニーズや心理変化まで、知っているはずがないのです。ホームページ集客は経営者側のマーケティング計画が先行すべきです。
マーケティング計画が明確になったのち、その計画の実行段階に入ったときに、印刷したり、制作したり、開催したり、という作業が発生します。ホームページ 制作会社を探して、見積もりを取るのはこの段階です。
 
効果の出ないホームページができやすいパターン
経営者 → ホームページ制作会社
 
効果の読めるホームページが作れるパターン
経営者 → ウェブマーケティングコンサルタント → 制作会社
 
まずはマーケティング計画を作成しましょう。その際、ウェブマーケティングについて、よく承知しているコンサルタントを選ぶことを忘れないでください。
 

 *  *  *  ご相談について  *  *  *

経営相談有限会社のコンサルタントは、中小企業診断士とウェブ解析士の両資格を保有しています。経営全般のご相談に対応できるだけでなく、Webマーケティングの手法やフレームワークにも精通しています。ホームページを作ったのに、思ったように効果がでないとお悩みの経営者様は、経営相談有限会にご相談ください。
 
 関連記事:ホームページ作成費がもらえる補助金とは